チンコを大きくする方法:牽引トレーニング

チンコを大きくする方法には、牽引トレーニングというものがあります。牽引とは引っ張ることであり、率直に痛そうだとか怖そうだと感じる人もいるでしょう。しかし何か機械を使うわけではなく、自分の手で手軽にできるため力加減は自分次第なのです。
その具体的な中身についてですが、まずチンコを事前に少しだけ勃起させておきます。そして自慰行為をするイメージで、チンコを手で包みながら前後に動かしましょう。このとき根元から亀頭の部分へ流れるように力を加え、前に引っ張る感覚で動かすのがコツです。
これを1分間で30回ほど行ったら、次に親指と人差し指でチンコの根元を摘んでください。そこから今度は前方向へ少し強めに引っ張り、サイズが大きくなるよう伸ばしましょう。もし牽引しにくいと感じたら、石鹸の泡で滑りやすくすると楽になります。
また、トレーニングの際には体温を温めておいてください。血流が活発になると海綿体へ流れ込む血液量が増え、増大効果がいつもよりも見込めます。最初にしておく勃起自体も、体温が高い方がスムーズにできるでしょう。摘んでからの牽引も、1分間で30回程度行えば終了です。
以上が、牽引トレーニングの詳細になります。日頃から自慰行為をよくする男性でも、あまり引っ張るようなやり方はしていないはずです。あくまでトレーニングと自慰行為は別物ですので、性欲が湧かない日でもコツコツとやってみてください。

チンコを大きくする方法:マッサージ

チンコを大きくするにはマッサージをして適度な刺激を与えることが大切です。もちろん食事やサプリメントなどから栄養を摂取することも必要ですが、ペニスに適度な刺激を与えると成長を促すことができます。チンコは30歳を過ぎるまで大きく成長するとされていますが、しっかりと成長させるためにはマッサージなどによる刺激が必要になります。筋肉トレーニングを行うのと同じようにチンコも日々のトレーニングによって大きくすることができます。
定期的にチンコのマッサージをすれば刺激を与えることができるだけでなく、血流を促進させる効果もあります。ペニスを大きくするためには血流が促進されることが重要です。海綿体に流れ込む血液の量が増えるとペニスが勃起しやすくなります。マッサージを行うと性的な刺激を与えることになるので、チンコの血流量が改善されます。ペニスに多くの血液が流入して大きくすることができます。マッサージだけでなく食事やサプリメントを摂取することも大切です。場合によっては病院でED治療薬を処方してもらうことも考えられます。ペニスの勃起には精神状態も大きな関係があります。なるべく日々のストレスを少なくすることも重要です。

チンコを大きくする方法:注入する手術

チンコのサイズに悩んでいる時、人工的に大きくすることができる手術があります。それは増大術といって脂肪やコラーゲン、ヒアルロン酸などを注入をする手術です。脂肪でしたら自分の皮下脂肪を脂肪吸引術で採取して、綺麗に洗浄して不純物を取り除いてからチンコに注入していくものです。均等に脂肪を注入していくことで、簡単に全体的なサイズを大きくすることが出来ます。もし大きくしたい部分があるならば、手術中に調整をすることもできます。

チンコに脂肪などを注入するのは、30分程度で終わります。術後には包帯を巻いて1週間くらいは安静にしておかなければいけません。麻酔を使うので、痛みはほとんどないです。それから性行為は脂肪をチンコに定着させるためにも、1ヶ月位は控えておいたほうがいいです。コラーゲンやヒアルロン酸などを注入材に使うときには、人体にも含まれている成分なので時間が経過すれば吸収されてしまいます。ただし、全くなくなるわけではなく、半分以上は残ります病気の治療とは違うので、保険が適用されずに費用の自己負担となります。手術をすればすぐに大きくなるので、時間をかけてチンコを大きくしていく手間を省きたいというのであればこの方法が向いています。

チンコを大きくする方法:切る手術

チンコを大きくする方法の中でも切る手術は最も効果を期待することができ、それでいて他の方法では上手く行かなかったときの最終手段とも言える方法です。
切るということはそれだけ大きなリスクがあり、本来であればメスを入れる必要のないところに入れるわけですから、何が起きるかはわかりません。
医療ミスの可能性というのは極めて低いものではありますが、医者と言えども人間である以上絶対はないのでミスが起きてしまう可能性があります。
それが手術をしなければ行けないものでしたら、しないリスクと天秤にかけて手術をするという選択をするわけなので諦めも付きますが、チンコを大きくするためにメスを入れるとなると気軽にできるものではありません。
切らなくても生活に支障が出るわけではないところを、大きくしたいという理由だけでメスをいれるわけですからリスクを覚悟しておく必要があります。
メスを入れる方法は長さの悩みを解決することはできるのですが、埋まっている部分を外に出すというのが基本的な仕組みであるため太さが変わるわけではありません。
それだけに太さに不満を持っている人にはあまり向かない手術であるため、切る手術を選ぶときにはリスクのことや太さは改善しないということを覚えておくようにしましょう。